So-net無料ブログ作成

炉開き [茶道]

本日は、お仕事がお休み♪しかも天気もよし♪
てな事で、茶道の稽古まで、そろそろ大掃除を始めることに。
風水では、11月に大掃除を済ませるのがいいらしい・・・
んな出来るか~!!しかも今年は暖かい。
もう、来月には年末を迎えるとは思えないのよね。
しかし、12月の予定が満載な為、少しずつ始める事に。
う~ん、気分もスッキリ!!

 

そして・・・掃除に必死になってたら、もう夕方に!!
えらいこっちゃで、慌てて稽古へ。
先週は、『炉開き』て事で、ぜんざいを頂きました。

ここで、『炉開き』の意味を・・・
『炉』とは、畳を切って床下に備え付けた茶用の小さないろりのことです。
使うのは十一月から四月までと決まっています。
なので、炉を開く事から『炉開き』。
また、『炉開き』に合わせ、今年5月に摘まれた新茶を使い始める時期でもあるのです。
半年間壷に詰めていた新茶を、初めて壷の口を切って使い始めます。
それを『口切り』と呼びます。 『炉開き』は茶の新年として祝うのです。

だから、善哉を頂くのですねぇ・・・しかし、何で善哉なのかしら・・・??
これ、先生に聞いてないなぁ。
う~ん・・・奥が深いなぁ。何年経っても、なかなか意味は、覚えられそうにない私でした。
で、言われる言葉が・・・「点前だけ出来ても、ダメなのよ!!順番覚えるだけではダメ!!」
そりゃそうですね、先生!!

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

久々の書道。 [茶道]

12月にお茶事をやる事になりました。

ちなみに『お茶事』とは・・・身近な少人数のお客様を招き、懐石、濃茶、薄茶を
もてなす会です。
今回は、若手?三人ですべて用意します。
人を呼ぶとは、邪魔くさい事でもあります。手紙を書いて、そして返事をもらい、
料理の用意から、炭の用意etc...炭の種類から、置き方などすべて三人で振り分けをして、
席入り(お客さまが部屋へ入る事)までに出来てなければなりません。

話がズレましたが、そんな事で、今回は私がお手紙の担当に・・・。
突然そんなものが書ける訳ないので、先生に書道の指導をしてもらいに・・・。
練習なのに一通書くのに、えらい時間がかかります(涙)
う~ん・・・手紙出せるのだろうか。練習のみ!!
上手に書くよりも丁寧に自分らしく書けるように頑張るのみやね。

 


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。